保育園

保育士に転職しよう|働きやすい職場を見つけるコツを紹介

楽しく働くために

保育士

働きやすい職場を見つける

保育士は現在人気のある職業の1つです。子どもたちの成長を近くで見ることができ、ともに成長していける素敵な職業です。しかし残念ながら離職率の高い職業でもあります。その原因は職場環境や労働状況にあります。うまくいかない人間関係や過酷な労働環境で身体を壊す人も少なくありません。そうなる前に我慢せず自分にとって働きやすい環境の職場に転職することをおすすめします。働きやすい職場はどのように見つければ良いのでしょうか。まず必ず目ぼしい施設の見学へ行きましょう。見学の際には2つのことに重点を置いてみましょう。まず1つ目は働いている保育士の年齢です。若い世代から年配の世代まで揃っているでしょうか。30〜40代の保育士がいるかどうかも注目すべき点です。女性の多い保育の現場では、保育士の結婚や出産が1つの壁となります。その壁を乗り越え、子育てしながら働ける職場は働きやすい職場と言えるでしょう。また年配の世代の保育士がいるということは、一概には言えませんが体を酷使するような労働が少ないことが予想されます。2つ目は保育士の設置人数です。子どもの人数あたりの保育士設置人数は法律で決まっています。法律を守っていないような施設は賃金や休暇など見学では見えない部分もいい加減な場合があり、転職する職場として不向きです。転職を考えた時は以上の2つのことを参考にしてみてはいかがでしょうか。また現在就業している方は自分の職場と比べて転職先を探しましょう。

保育園

笑顔で堂々と

保育士不足により昨今多くの保育園から求人が出されています。そんな中から働きたい保育園かを選ぶ時には必ず見学に行きましょう。採用面接では笑顔と元気をアピールしましょう。これら2つは保育士にとって大切なことです。

保育士

応募が簡単なサイト

インターネットで簡単に求人を検索出来る様になり、保育士に特化した転職サイトも数多く展開されています。その中でも求人数の多さ、そして掲載内容が充実した転職サイトを活用すると、よりマッチングした求人を見つける事が出来るでしょう。

婦人

よいサービスの選び方

保育士が転職したいのなら求人サイトを利用するとよいでしょう。保育士専門の求人サイトの方が探しやすいので何かと便利です。サービスを選ぶときは求人数が多いサイト、利用者が多いところを選ぶ方が信頼性が高くおすすめです。