男女

保育士に転職しよう|働きやすい職場を見つけるコツを紹介

  1. ホーム
  2. 笑顔で堂々と

笑顔で堂々と

保育園

面接において必要なことは

今も昔も保育士という職業は人気があります。昨今保育士の低賃金や労働時間が問題とされていますが、そんな中でも子どもたちを愛し保育士を目指す人は数多くいます。しかしこれらの理由により保育士不足は深刻化しており、多くの保育園が求人を出しています。たくさんの保育園の中から働きやすい保育園を選ぶにはいくつかポイントがあります。まず働いている先生たちの年齢です。若い先生ばかり、年配の先生ばかりと年齢が偏っておらず様々な年代の先生が満遍なくいる園は働きやすいと言えます。なぜなら保育園はまだまだ女性の多い職場です。女性が働く上で壁となる結婚や出産を経ても働き続けられる職場は良い職場と言えます。また子どもの人数に対して保育士の人数が足りているかもよく見ましょう。子どもの人数に対しての保育士の最低人数は法律で決まっています。法律を犯している職場は良い職場とは言えません。これらのポイントを見極めるためには必ず求人応募前に見学へ行きましょう。目ぼしい保育園が見つかり、求人応募したら採用面接があります。保育園によっては面接だけでなく筆記試験も採用試験の項目にある場合もあります。保育士の採用面接で重要なことは笑顔と元気です。ニコニコとはっきりと自分の意見や思いを伝えられるかが大切です。難しい知識や専門用語を披露する必要はありません。保育士になると子どもたちや保護者など多くの人に注目される機会が多々あります。面接官の前でも緊張せず堂々とした姿を見せることが採用に繋がるでしょう。